双葉社web文芸マガジン[カラフル]

任侠ショコラティエ(新堂冬樹)

イラストレーター:岡田航也

第1回

 少年の幼い頃の夢は、百獣の王ライオンのような猛獣になることだった。
 だが、鬼渡譲二といういかつい名前と正反対の、少女漫画の主人公のような整った顔立ちと雪のような白い肌、華奢な身体が、少年に猛獣になることを断念させた。
 女みたいな男、お嬢ちゃま、チビガリ……キリンやシマウマにイジメられるライオンはいない。

 ストロベリー、ラズベリー、クランベリー、パッションフルーツ、オレンジ、レモン、ミント、シナモン、コーヒー……譲二は、ガナッシュをフレーバーごとにわけて冷蔵ショーケースに陳列した。 
 ガナッシュとは溶かしたチョコレートに生クリームを混ぜた生チョコのことで、ボンボンショコラの王様だ。
 因みに、ボンボンショコラとはガナッシュにチョコレートをコーティングしたものだ。
 ガナッシュのほかにも、ローストしたアーモンドやヘーゼルナッツに砂糖を焦がしたキャラメルをくわえてペースト状にしたプラリネや、粉末にしたアーモンドやヘーゼルナッツに砂糖を混ぜ合わせたマジパンがある。
 ガナッシュ、プラリネ、マジパンはボンボンショコラの御三家と言われている。
 冷蔵ショーケースの中の温度は、ボンボンショコラが一番美味しく食べられる十六度から十八度の間で設定されている。
 帰宅してすぐに食べないときには冷蔵庫の野菜室に保存することを勧めていた。普通の冷蔵室では冷えすぎるからだ。
 野菜室から出したばかりだと十度以下に冷えているので、食べ頃の温度まで戻してから口に入れることも併せて説明していた。
 ボンボンショコラを最高の状態で食べることについての説明を一つでも怠れば、猛獣が暴れ出してしまうからだ。
 このとびきり凶暴で獰猛な獣は、譲二の勤務する歌舞伎町のボンボンショコラ専門店「ちょこれーと屋さん」のオーナーである星咲直美のことだ。
 北海道の山道を歩いていたときに遭遇したヒグマが道を譲った、動物園で見物していたライオンが失禁した、アメリカ旅行中にタイトルマッチを控えたヘビー級ボクサーと喧嘩になりノックアウトした、忘年会で泥酔していたプロレスラーの集団に絡まれ一人で十人を戦意喪失させた、飲酒運転していたエルグランドに衝突されたが掠り傷だけで車を破壊した……直美には、数々の伝説があった。
 あくまでも伝説なので、実話かどうかはわからなかった。
 だが、八年間、傍で直美の生き様を見てきた譲二は、それらの伝説が実話でも驚きはしない。

 小学校から中学校まで猛獣どころか小動物のように馬鹿にされ続けた少年は、高校入学を機に誰からも馬鹿にされないヤンキー道を極める決意をした。
 少年は理髪店でいまや天然記念物扱いのパンチパーマをかけ、額をM字に剃り込んだ。
 昭和世代のツッパリが愛読書にした漫画を研究し、短ランとボンタンでキメ入学式に乗り込んだ。
 怯える同級生達への優越感に浸ったのは一時間だけ……入学式が終わるとすぐに先輩ヤンキーに屋上に呼び出されて洗礼を受けた。

「いらっしゃ〜い。ミクたん、今日はどれを食べたいのかな? イチゴ味? それともメロン味のガナッシュちゃんかな〜?」
 恰幅のいい母親に手を引かれた少女……ミクの前に屈んだ直美は、子供番組のお兄さんのような口調で訊ねた。
 百八十五センチ、九十キロのゴリラさながらの筋肉の鎧を纏った肉体、オオカミさながらの鋭く吊り上がった眼、爆発したように逆立ったプラチナシルバーの長髪、顔から足まで刻まれた数え切れない武勇伝の傷跡……母親が直美と顔見知りでなければ、間違いなく一一〇番通報するだろう。
 直美は譲二とは正反対で、女みたいな名前を持つ猛獣だった。
「ミクはねぇ、イチゴのガナッチュにするぅ!」
ミクが舌足らずに言いながら、ショーケースを指差した。
「ガナッチュにしゅるんでちゅか〜! ミクたんはかわいいでちゅね〜」
 直美は目尻を下げ、赤ちゃん言葉で言いながらミクの頭を撫でた。

 高校デビューに失敗した少年は、社会人デビューに目標を切り替えた。
 それまでの人生で少年を馬鹿にしてイジメていた者達、これから出会う者達に絶対にナメられない職業は一つしかなかった。
「父ちゃん、母ちゃん、俺、高校を辞めてヤクザになる」
 ある日の午後、なんの前振りもなく少年は両親に宣言した。
 父は大学教授、母は小学校教諭という教育者の両親にたいするこのカミングアウトは、清水の舞台から飛び降りるどころではなく、スカイツリーから飛び降りるほどの勇気が必要だった。
 つまり、死ぬ覚悟だ。
 想像通り、父に怒鳴られ母に泣かれた――想像通り、父に勘当だと脅され母はショックで寝込んだ。
 だが、少年の決意は揺るがなかった。
 ここで退いてしまえば、生涯、少年は獲物としての人生を歩まなければならないと本気で信じていた。
 被食者の人生ではなく捕食者の人生を歩むために、少年は若干十七歳でヤクザを目指した。

「うん、ミクはティーカッププードルみたいにかわいいの!」
 ミクが無邪気に言った。
「ママに似なくてよかったね〜。ママに似たら、ティーカップブルドッグになっちゃうからね〜」
 直美が言いながら、ミクの頬を指先で摘まんだ。
 譲二はため息を吐いた。
 心に思ったことをフィルターにかけずにそのまま口にする――また、直美の悪い癖が出た。
 直美は他人にも自分にも決して嘘を吐かない。それは彼の長所であり、最大の短所でもある。
「直ちゃん、あんた、本人を目の前にしてよくもそんなひどいことが言えるわね!?」
 ミクの母親……春江は同じ歌舞伎町のさくら通りで「歌謡曲」というカラオケスナックを経営している。
 譲二と直美は、「歌謡曲」の常連だった。
「ひどいことじゃねえよ、事実だろうが? だって、春江ちゃんみたいなコワモテからこんな天使が生まれるなんて、カバからウサギが生まれるようなもんだっつーの!」
 悪びれたふうもなく、直美が言った。
 誤解されがちだが、直美には春江にたいしての悪意は微塵もない。
 悪意どころか、春江の人柄に好感さえ抱いている。
 直美は、犯罪レベルに正直な性格をしているだけだ。
「まったく、あんたにはデリカシーってものはないの!?」
 春江が直美を睨みつけた。
「じゃあ、なにか? 春江ちゃんは、俺が嘘吐きになったほうがいいっつーのか?」
 直美が開き直って言った。
「もういい。獣みたいに単細胞なあんたにデリカシーを求めた私が馬鹿だった。ほら、ミク、どれにするの?」
 春江がミクにを促した。

 八年前……少年は十七歳でヤクザの門を叩いた。
「お前、誰だよ?」
 区役所通りの雑居ビルの三階――「東神会」の事務所のドアが開き、オールバックにサングラスのザ・ヤクザ的な男が譲二の頭から足元まで舐め回すように視線を這わせた。
 尤もそのときの少年は、インターホンを押した部屋が広域指定暴力団の武闘派として名を馳せる「東神会」の事務所と知っていたわけではない。
 あてもなく歌舞伎町をふらついているときに、ストライプのスーツを身に纏い肩で風を切って歩いていたスキンヘッドのヤクザっぽい男を発見し、あとをつけて辿り着いた事務所だった。
 ヤクザの事務所なら、どこでもよかった。
「こ、ここは、ヤクザの事務所ですよね?」
 勇気を出して、少年は訊ねた。
「だったら、なんだよ?」
 オールバックサングラスが、訝しげな顔で少年を睨みつけた。
「俺を……組に入れてください!」
「はぁ!? お前、なに言ってんだよ!?」
「俺、ヤクザになりたいんです! そちらの組員にしてください!」
「馬鹿か! ここは大学のサークルじゃねえんだぞ!? それに、お前、まだ学生だろ?」
「高校は中退しました! だから、お願いします! 俺を組員にしてください!」
 少年は、オールバックサングラスの足元に跪いた。
 是が非でも、ヤクザになりたかった……ネズミのようにこそこそと逃げ回る生活はうんざりだった。
 ヤクザになればみなが少年を恐れ、ライオンに道を譲るハイエナみたいになるだろう。
「そういう問題じゃねえ! お前みたいなガキを……」
「組に入れてやろうじゃねえか」
 雪男のような大きな裸足が、土下座する少年の視界に入った。
「隊長っ、こんなガキを組に入れるなんて……」
 鈍く重々しい打撃音と呻き声が頭上から降ってきた――少年の前に倒れたオールバックサングラスは、腹を押さえて口から泡を吹いていた。
 土下座したまま、少年は震えた。
「顔を上げろ」
 下腹に響く野太い声が、少年に命じた。
 恐る恐る、少年は顔を上げた。
 凍てつく視線の先――少年は息を呑んだ。
 ライオンの鬣のような逆立った銀髪に、傷だらけの筋肉隆々の肉体に羽織った毛皮のベスト――少年が、猛獣と出会った瞬間だった。
「パンチ坊や、行くぞ」
 唐突に、猛獣が言った。
「え……? どこにですか?」
「パトロールだ」
「パトロール?」
 少年は、怪訝な顔で鸚鵡返しした。
「俺らの稼業は街の安全を守ることだ」
「それって、警察の仕事じゃないんですか?」
 びくびくしながら、少年は訊ねた。
「馬鹿野郎っ。警察サツが本当の悪党を捕まえると思ってんのか?」
 猛獣の言わんとしていることがわからなかった。少年のイメージでは、悪党とはヤクザのことだった。
「毒を以て毒を制すっつうやつだ。とにかくついてこい!」
 猛獣は土下座している少年の首根っこを掴み片手で持ち上げると、生ゴミを出しに行くかのようにエレベータに乗った。

「ミクねぇ、かっこいいお兄ちゃんに選んで貰う!」
 ミクが譲二を指差した。
「え!? かっこいいお兄ちゃんって、譲二のこと!?」
 直美が驚いた顔で訊ね返した。
「うん、ジョージのこと、ミク、大好きなの……」
 ミクが頬を赤らめ、はにかんだ。
「ミクちゃん、悪いこと言わないから譲二はやめときやめとき」
 直美が顰めた顔の前で、大きく手を振った。
 譲二の胸に、とてつもない不吉な予感が広がった。
「え? どうして? ミク、大きくなったらジョージのお嫁さんになるの」
 ミクが不思議そうな顔を直美に向けた。
「まあ、ミクはママのライバルね〜。ママも譲二君のジャニーズ系の顔が好みよ。パンチ  パーマでこんなイケメン、日本中探してもどこにもいないんだから! 譲二君は、私の三度目の旦那さん候補よ」
 春江が、譲二にウインクした。
「ママはダメ! ジョージはミクの王子様なんだから!」
 顔を真っ赤に染め、ミクが春江に抗議した。
「ミクちゃん、譲二は本当にやめといたほうがいいって」
 直美がミクの前に屈んで小さな肩にグローブみたいな手を置くと、真剣な顔で言った。
 譲二の不吉な予感は、現実のものになりつつあった。
 大惨事にならないうちに話題を変えなければという焦燥感が背筋を這い上がった。
「直さん、ミクちゃん仕様のガナッシュのフレーバーを選んで頂けますか?」
「は? なんで指名されない俺が選ぶんだよ? お前が指名されたんだから、お前が選べ!」
 けんもほろろに、直美に突き放された。
 まずいモードになってきた。
 完全に直美は拗ねていた。
 直美には、子供みたいなところが……いや、みたいなではなく、腕白坊主がそのまま大きくなったような男だった。
「ミクちゃん、イチゴ味とメロン味のガナッシュで……」
「譲二はね〜、三重苦なんだよ〜」
 ミクに話しかけようとした譲二を、直美が遮った。
「さんじゅうくってなぁに?」
 ミクが愛らしい顔で小首を傾げた。
「三重苦っていうのはね〜、三つの苦しみって意味だよ〜」
「直さんっ、やめてくだ……」
「一つ目の苦しみ、譲二は早漏なんだよ〜」
 直美が、人差し指を立てながら言った。
「そうろうってなぁに?」
 ミクがふたたび愛らしい顔で小首を傾げた。
「早漏っていうのはね〜、セックスのときに女の人より先に一人だけ気持ちよくなってさっさと終わるってことなんだよ〜」
 直美がミクの瞳をみつめ、懇切丁寧に説明した。
「譲二君……五分は持つでしょ!? まさか……一、二分ってことないわよね!?」
 春江が、祈るような顔を譲二に向けた。
「こ、子供に、なにを教えているんですか! 春江さんも、俺にそんなこと訊いてないで直さんを止めてくださいよ!」
 譲二は羞恥に顔を火照らせつつ、直美と春江に抗議した。
「二つ目の苦しみ、譲二は包茎なんだよ〜」
 直美は譲二の声など聞こえないかのように、人差し指と中指をミクの顔の前で立てた。
「ほうけいってなぁに?」
 ミクがみたび愛らしい顔で小首を傾げた。
「包茎っていうのはね〜、おちんちんに皮が被っていることを言うんだよ〜。皮を被ってるからお風呂でちゃんと洗えなくて、恥垢っていう汚れが溜まって臭いんだよねぇ〜」
 直美がミクの瞳をみつめ、懇切丁寧に説明した。
「譲二君っ、仮性よね!? まさか、真正包茎じゃないわよね!?」
 春江が、祈るような顔を譲二に向けた。
「直さんっ、いい加減にしてください! そんなこと幼い少女に事細かく教えてどうする気ですか! 春江さんも、こんな話を娘さんの耳に入れても……いらっしゃいませ〜」
 譲二は言葉を切り、出入口に視線を移した。安堵の吐息を漏らした。
 タイミングよくカップルの来客があった。
 金髪のロン毛、黒のスリムスーツ、耳にピアス、開いた開襟シャツの胸もとにはシャネルのペンダント……軽薄丸出しの男は、ホストに違いない。
 女は茶に染めたロングヘアに褐色の肌、ピンクのパーカーにデニム地のショートパンツというギャル雑誌から飛び出してきたようなビジュアルだった。
 肉体の発育はいいが、あどけなさの残る顔から察するにまだ十代なのかもしれない。
「ミクちゃんのガナッシュは俺がチョイスするから、お前はホスト君と巨乳ギャルの相手をしてくれ」
 直美が譲二の耳元で囁くと、ショーケースの裏側に回った。

「あの……その格好で外を歩くの、ヤバくないですか?」
 裸に毛皮のベスト、ハーフパンツに裸足……事務所にいたときと同じ出で立ちのまま歌舞伎町を歩く猛獣の背中に、少年は遠慮がちに声をかけた。
「あ? なんでだよ? 洋服着てるだろうが。本当は素っ裸で歩きてえんだが、サツがうるせえから妥協してやってんだ」
 あっけらかんとした口調で、猛獣が言った。
「直さん、お疲れっす!」
「あ、直さん、パトロールお疲れ様です!」
「直さん、どうも!」
 歌舞伎町の区役所通りを歩き始めて十メートルもしないうちに、客引きやチンピラ風の男達が直美に頭を下げてきた。
 どの男達も、少年が一人で歩いていたら思わず道を譲ってしまいそうなコワモテばかりだ。
 尤も、猛獣の迫力に比べたらそこらのコワモテは猛犬レベルだ。
「直さんって言うんですか?」
「ああ。星咲直美っつう名前だ」
「なんだか、イメージと違う名前……」
 猛獣……直美がいきなり立ち止まり、左の裏拳が飛んできた。
 少年は眼を閉じ悲鳴を上げた。
 いつまで経っても、顔に衝撃を受けなかった。
 少年は、怖々と眼を開けた。
 岩のような拳が、少年の鼻先で止まっていた。
「『東神会』の組員になった祝儀として、今回は許してやろう。俺のことは直さんと呼べ。女みたいだから、星咲さんも直美さんもだめだ。もし、その呼びかたをしたら一生エッチができないようにちんこを引き抜き金玉を握り潰してやるからな!」
 背を向けたまま、直美が少年を恫喝した。
「直、白昼堂々少年を恐喝か? それにしても、相変わらずの薄着だな? もうすぐ十二月なのに、寒くないのか?」
 角刈り頭のガタイのいいスーツ姿の中年男が、直美に馴れ馴れしく話しかけてきた。
 コワモテだが、ヤクザとは違う雰囲気だった。
「このパンチ坊やは、ウチの若い衆だ」
「おいおい、坊主、やめとけやめとけ。ウサギにライオンの弟分が務まるわけないだろう? 兄貴に咬み殺されるか兄貴の敵に食い殺されるか、どっちにしても早死にするだけだって」
 角刈り中年男は少年を茶化すと、高笑いした。
「な、なめるんじゃねえ! 俺はヤクザだぞ!」
 少年は、勇気を振り絞り角刈り中年男に噛みついた。
 束の間の沈黙後、ふたたび角刈り中年男が手を叩きながら大笑いした。
「この野郎っ、ふざけやがって!」
 裏返った声で言いながら、少年は角刈り中年男の胸倉を掴んだ。
 正直、怖かったが、ここで腰が引けてはヤクザになった意味がない。小動物の人生から脱却するために、反社会に身を投じる決意をしたのだから。
「やめとけやめとけ。サツなんてボコる価値もねえ」
 直美が言いながら、子猫をそうするように少年の首根っこを掴み宙づりにし、角刈り中年男から引き離した。
「え!? サツ!?」
 宙づりになったまま、少年は素頓狂な声で繰り返した。
「ああ、新宿署のマル暴だ。ダニ扱いしているヤクザのおかげで飯が食えてる寄生虫だ」
 直美が吐き捨てると大笑いした。
「おいおい、いろいろ見逃してやってんのに、ひどい言い草だな。普通なら、そんな格好で歩いていたら公然わいせつ罪で即逮捕だぞ。ほかにも、暴行、傷害、脅迫、恐喝、威圧……俺がその気になれば前科何百犯だと思っているんだ? そうやってふんぞり返って娑婆を歩けているのも、俺のおかげだろうが? 少しは感謝してくれてもバチは当たらねえと思うがな」
 角刈り中年男が、恩着せがましく言った。
「エンコーで保護したギャルとホテルに行って美人局のチンピラに脅されたのはどこのどいつだ? ガキにクスリを売ってるチンピラを見逃す代わりに口止め料を要求して、兄貴分に逆にやり込められたのはどこのどいつだ? お前が自業自得で追い込まれるたびに汚えケツを拭いてやってんのは誰だと思ってるんだ? なんなら、俺が腐ったマル暴を追い込んでやろうか?」
 少年の首根っこを離した右手で、直美が角刈り中年男の胸倉を掴み宙吊りにした。
 道行くキャバクラ嬢、黒服、ホスト、客引きが足を止め野次馬と化した。
「おい……直っ……やめろ……離せ……」
 角刈り中年男が顔を朱に染め、足をバタつかせた。
「よく聞いとけ! 今度腐れマル暴の分際で恩着せがましいことを言いやがったら、本当に腐らせてやるからな!」
 直美は鬼の面相で怒声を浴びせると、胸倉を掴んでいた右腕で半円を描いた――角刈り中年男がゴミ袋のように吹き飛んだ。
 野次馬達がどよめいた。
「嘘……」
 少年は、五、六メートル先のカラスや野良猫に食い散らされた生ゴミと、酔客がぶちまけた吐瀉物に塗れる角刈り中年男を見て驚きの声を漏らした。
「汚物には汚物がお似合いだ。行くぞ」
 角刈り中年男を指差し大笑いした直美が、少年を促し大股で「ゴジラロード」を映画館のほうに向かって歩き出した。
「刑事に、あんなことして大丈夫ですか?」
 少年は追いかけながら、直美に訊ねた。
「刑事だから、あの程度で済ませてやったんだよ。あいつには貸しが一杯あるから、俺がどんなに暴れても見て見ぬ振りをするしかねえ。ヤクザや半グレがナメた態度をとったら、運がよくて複雑骨折だぜ」
 歩きながら豪快に笑う直美の背中を見ながら、少年は思った。
 こんな怪物がいるかぎり、ヤクザにはなれても猛獣にはなれないと。
(第2回へつづく)

バックナンバー

新堂 冬樹Fuyuki Shindo

1966年大阪生まれ。98年『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。『僕の行く道』『百年恋人』『白い鴉』『君想曲』『紙のピアノ』『カリスマ』『無間地獄』『黒い太陽』『極限の婚約者たち』『誘拐ファミリー』など著書多数。感涙の純愛小説から裏社会を描いたノワールまで作風は幅広く、多くの読者の支持を得ている。

  • 双葉社
  • 小説推理
pagetop