双葉社web文芸マガジン[カラフル]

無心セラピー(辛酸なめ子)

第45回 インナーウェアで自分の内側を整える 前半

 日々の忙しさに追われていると、表面的な部分を取り繕うだけで精一杯で、ついおろそかになってしまいがちなのが下着です。時々気が向いたらKID BLUEなどで購入し、でもだいたいはノンワイヤーの安い下着がラクだからと自分を甘やかしていました。でも、下着の心理作用は意外と大きくて、いまいちな下着や古い下着をつけているとテンションが下がったりします。心をいい状態に保つためにも、ジャストサイズの気に入った下着をつけた方が良いのでしょう。デザインが美しく快適な下着には癒し効果もありそうです。
 先日、知人の女性に、松屋銀座の下着売り場でイベントをするので、その前に最先端の3Dボディスキャナーを体験してみないかと誘っていただきました。自分のサイズもほとんど測らないまま、適当なサイズを買っていたのですが(ノンワイヤーならSとか)、それは店員さんにメジャーで測ってもらうのが恥ずかしい、という理由もありました。でも、3D計測器なら……。話を聞くと「ワコール3D smart & try」はまだ日本に3台しかなくて、予約が先まで埋まっているほどの密かな人気が。3Dボディスキャナーのブースに入ると体の周囲に設置された柱の穴から多数の電子の光か何かが出てきて、体のサイズを精密に計測してくれるそうです。さっそく体験させていただきました。
 ビューティアドバイザーの方からマシーンの使用法について伺い、あとは個室で下着姿になってマシーンの前へ。レントゲンっぽくてちょっと緊張しますが、マークの上に立って、両側のバーを握ってしばらくじっとしています。すると約5秒で瞬時に計測終了。前後左右から大量の電子が体にぶつかったはずなのに、全く何も感じませんでした。体を計測する電子があるのなら、技術の進化で体型を補正してくれる電子もあったら嬉しいですが……。
 着替えて、ビューティアドバイザーさんの解説を受けながらタブレットで計測結果をチェック。自分のあまりにも見覚えがある全身像の3Dデータがあって、それを回転してくまなくチェックできるようになっていました。計測中、ちょっとお腹を凹ませていたのですが、隠しきれない膨らみが。何よりショックだったのが後ろ姿が四角い感じだったことです。以前友人と「おばあさんになると後ろ姿が四角くなってくるよね」と話していた言葉が呪いとなって自分に返ってくるとは。電子は容赦ないです……。
 またワコールの長年のデータベースが反映されているので、体型の分類もわかりやすく、「バストのバージス」(底面の幅)、「ボディ・オーバル」(胴体断面の形状)、「バストのピッチ」(左右の胸の離れ具合)、「バストのボリューム」(容量)、「トップテーパー」(上半身の形状。ウエストに向かう角度)、「ボトムテーパー」(下半身の形状)、などがわかるようになっていました。通知表以来ぶりにドキドキした結果の数値です。書ける部分だけ書かせていただくと、バストのバージスは3段階で普通の2でした。データはそれだけでなく、バストのトップとアンダー、ウエスト、ヒップ、首周り、腕の長さと太さ、二の腕、太もも、ふくらはぎの太さなど、あらゆるサイズをいつの間にか電子が測ってくれていたようです。太ももやふくらはぎの太さがショックでした。でも、バストは自分の想定よりカップが大きくなりました。トップとアンダーの差はそんなにないのに不思議です。ビューティアドバイザーの方に聞いたら、3D計測マシーンでは全体の容積も計測できるので、それによってサイズアップしたそうです。そして「日本女性の多くは自分のバストのカップ数を小さく見積もっています。実際は1、2カップ上のことが多いです」とのこと。もっと早く知りたかったです……。
 今回話を聞いた中でちょっと気になったのは「二次尻」というワード。「女性はお尻の下に、二次尻というたるみができやすくて、気になさっているお客様は多いですよ」とのこと。ガードルをつけることで、日常の小刻みな振動によるヒップの垂れを防ぐことができるそうです。また、ノンワイヤーのブラばかりつけていると、ブラのカップが下にたわむため、胸が脇に流れてしまう、という恐ろしい現実も。自分でできる胸が垂れてるかチェックする方法は、まっすぐ立った時、二の腕(肩と肘の間)の真ん中のラインよりバストトップが下だったら下がっている、とのこと。これまでは下がるに任せていたので、今回の計測で自分に合った下着を購入し、なんとかしたいです。そしてバストが上がれば、気持ちも上向きになってくる予感です。
 
(第46回へつづく)

バックナンバー

辛酸 なめ子Nameko Shinsan

東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家、コラムニスト。芸能界やスピリチュアル、オカルトなど多数のジャンルを独特な目線で描き人気を博す。『辛酸なめ子の現代社会学』『大人のコミュケーション術』『おしゃ修行』『魂活道場』など著書多数。

  • 双葉社
  • 小説推理
pagetop