双葉社web文芸マガジン[カラフル]

無心セラピー(辛酸なめ子)

第30回 石ヒーリング 後半

 パワーストーン好きと言いながら、曖昧な知識しか持っていなかったので、ここは石界の先輩に話を伺いたいです。石と話せる石ガール、miokinaさんのカウンセリングを、改めて受けさせていただくことになりました。
 都内のマンションの一室に赴くと、miokinaさんと、能力を受け継いでいる小学生の娘さんがいらっしゃいました。まず、私の手持ちのパワーストーンをいくつか持参したので見ていただきました。
「パワーストーンは約650種類あって、そのうちしゃべれるのは60種類だけ」とのことで
「この子はしゃべれる、この子はしゃべれない」とおおまかに分類してもらいました。
「この化石と、テラヘルツ隕石はしゃべらないですね。サンストーンはしゃべれる。この子はマダガスカル産のローズクオーツ? しゃべれるね」
 と、見ただけで産地まで瞬時にわかるようでさすがです。
「このアメジストと水晶はなめ子さんのことが大好きだって」と言われると嬉しいものです。旅行に連れて行ったこともある石たちです。
「この水晶は、この前話した人間関係について心配してる。人に対して良くしすぎで、自己犠牲が大きいって」
 そんなこと心配してくれるのは石だけです。友人知人と会う度にたくさんプレゼントを持っていく癖があるのですが、やりすぎだったかもしれません。
「このアメジストは、なめ子さんが昔はインテリアを揃えるのが好きだったのに最近全然やってないから、もっときれいなものを集めようよ、って言ってる」
 おっしゃる通りで、忙しさにかまけて、壊れかけの棚や収納を使い続けていました……。石のアドバイスに鳥肌が。
「翡翠ちゃんは、母方のおばあさんとつながる手伝いをしてくれています。死後の世界からは、翡翠が暗い中に光って見えるので見つけやすいそうです」
 万人におすすめな、心を穏やかにしてくれる石について伺ってみました。
「心を癒す石は、ラリマーです。ただ、ドミニカ共和国の一部でしか採れないので、本物を見つけるのは難しいですね。他に万人におすすめなのはカコクセナイト アメジストです。心身の安定をもたらします」 
 はじめて聞く名前ですがアメジストの中に金色の線が入った石のようです。
 ところで逆に要注意の石はというと……
「ラブラドライトは、変化を与えてくれる石ですが、夜寝る時にベッドの近くにあると悪夢を見やすいです」
 これを聞いて枕元にあったラブラドライトのアクセサリーを即移動させました。
「シトリンやサンストーン、ペリドットなど太陽の石は、たくさんつけると細かいところに目が行って、人の欠点が見えてイライラしやすいです」
 金運の石だと思ってたくさん付けていましたが、言われてみるとそんな気が……。
「ラピスラズリは副作用があります。いらない試練が来ませんか? ただ、越えられない試練は来ないです」
たしかに、ラピスのネックレスを付けていたら、仕事で緊張する局面になりました。
「モリオンは悪霊を撃退する石と言われているけれど、人間の気もやられちゃうので、トイレなどの密室に置かない方がいいです」
 昔、モリオンの大きな石の数珠をスピリチュアルサロンで3万円で買わされたのですが、不穏な感じがして箱から出していません……。
 そして意外なことに、水晶はあまり人間が好きじゃないそうです。
「水晶は人よりも石が好き。人間のために働く必要はないと思っています」
 プライドが高い石だったようです。尖っている形にもそれが現れているような……。リスペクトして機嫌を取りたいです。
 基本的に石に対してはフレンドリーに接するのが良いと、miokinaさんはおっしゃいました。神格化されたり崇められるのは居心地良くないそうです。心の中で友だちっぽくタメ口で話しかけてもらって良いとのこと。一緒に勉強していこうね、というスタンスのようです。そうは言っても何十億年も先輩ですが……。
 このカウンセリングの終盤に、なんと私に死神と悪霊が憑いているのが発覚。でも石のパワーでなんとかしていただきました。やっぱり石なしでは生きていけません。人間の男性よりも頼りに……。
(第31回へつづく)

バックナンバー

辛酸 なめ子Nameko Shinsan

東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家、コラムニスト。芸能界やスピリチュアル、オカルトなど多数のジャンルを独特な目線で描き人気を博す。『辛酸なめ子の現代社会学』『大人のコミュケーション術』『おしゃ修行』『魂活道場』など著書多数。

  • 双葉社
  • 小説推理
pagetop