双葉社web文芸マガジン[カラフル]

無心セラピー(辛酸なめ子)

第29回 石ヒーリング 前半

 気付いたら、天然石がないと生きていけない体になっていました。何も石を身に付けていない丸腰状態では外に出られません。例えば今日付けているのは、宇宙とつながる石と言われているラブラドライトのネックレスとブレスレット、それから金運が高まるシトリンの指輪。それらを装着しながらも、仕事の合間に商業施設に立ち寄って、アクセサリーコーナーに吸い寄せられ、天然石をチェック。気付いたらハーキマーダイヤモンドの指輪を購入していた……そんな日々を送っています。
 石が石を呼ぶのでしょうか。家には、パワーストーンのお店やミネラルショーなどで買ってきた石が次々と集まっています。アメジスト、水晶、ローズクオーツ、ハーキマークリスタル、フローライト、アンモナイト、アマゾナイト、北投石、シバリンガム、他、名前を失念した石たち……。例えば、仕事に煮詰まった時に握ってみたり、心の中で語りかけたり、出張先のホテルで魔よけ代わりにベッドの横に置いたり、視界に入って来るだけでも癒される感じがします。まさに心を整えるために必要なアイテムです。
 ただ、天然石というのは中古市場がほぼなくて(宝石やブランドのアクセサリーは別ですが)、パワーストーン系の石は中古を転売するということができません。以前ミネラルショーで、前日に買った3万円の石を、ゴネて無理矢理ショップに返品している女子を見かけて驚いたことが。石のエネルギーを得た後に返すなんて万引みたいなもの。それに、持ち主の良くないエネルギーを吸収してしまったりするので、中古品が売れないのもしかたありません。私には石を受け継いでもらう子孫もいないし、こんなに石を集めてあとはどうしよう、というのが懸案事項でした。でも、ちょっと前に銀座の天然石のお店を取材した時、店員さんに石の処遇について相談したら、「お墓に入れれば良いんじゃないですか? 腐るものではないですし」とアドバイスされ、その手があったかと思い、若干心が軽くなりました。そして引き続き石を買いまくっています。
 私の場合、インスピレーションや見た目の可愛さで石を選んで身に付けていましたが、人によって相性の悪い石や、良くない影響を及ぼす石というのもあるらしいです。ジョーディッシュと呼ばれるインド占星術はよく当たると評判ですが、その占いでは星の配置から自分に合う石、合わない石も導きだされます。インドのVIPの多くはアドバイスに従い、宝石やパワーストーンを身に付けていると言われています。先日インド占星術の先生を取材した時、私の場合、絶対持ってはいけない石はヘソナイトだと告知されました。ヘソナイト、別名オレンジガーネットです。そういえば以前、ジュエリー店でオレンジのガーネットを薦められて買いそうになったけれど、直感的にやめたことがありました。「まちがった石を付けると事故に遭ったり、病気になったり、命の危険もあります」とのことなので命拾いしたかもしれません。他に私にとってあまり良くない石はターコイズだそうです。ターコイズ=おしゃれ という刷り込みがあるので、ネックレスや指輪など何度か買ったことがありました。しかしなぜか付ける気が起きなくて、そのまま放置していました。本当に必要な石は自分の潜在意識が知っているのでしょうか。
 そんなある日、石と会話できるという女性と知り合いました。あるアイドルのオーディションの審査の仕事をしていたら、会場で、パワーストーンを使って志望者の適性をチェックしていた女性がいたのです。なんとなく話すようになって交流が始まりました。その後、お花見で再会し、立ち話で怒濤の石トークが盛り上がりました。「私は中学しか出てないけど、大企業の社長ともふつうに話せます。石ちゃんを介して、石ちゃんが相手から得た情報を伝えているんです」
 その特殊能力を持つ女性、miokinaさんが持っている石(モルダバイト)が教えてくれた情報によると……
「人間関係で気にかかることがあるみたい。知り合いで距離感がわからない人がいるんだって。その人に対してなめ子さんは一生懸命親切にするんだけど、そうすると相手が図に乗ってきて苦労しやすい。なめ子さんが自己評価が低いせいで、付け入ってくる人がいるから、もっと堂々とした態度でいたほうがいいです」
 言われてみると思い当たる節が……。たしかに自己評価は常に低く、人間関係でもなめられがちです。さすが何十億年も生きている石は全てお見通しですね。その時、miokinaさんにリビアングラスというかわいい石をいただきました。
 その日の夜、明け方に「Peace & Pride」という言葉を受信したのですが、さっそく石からのメッセージでしょうか……。大事なことは石が教えてくれます。人間が信じられない分、石ともっとつながりを深めたいです。
 
(第30回へつづく)

バックナンバー

辛酸 なめ子Nameko Shinsan

東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家、コラムニスト。芸能界やスピリチュアル、オカルトなど多数のジャンルを独特な目線で描き人気を博す。『辛酸なめ子の現代社会学』『大人のコミュケーション術』『おしゃ修行』『魂活道場』など著書多数。

  • 双葉社
  • 小説推理
pagetop