爆笑鼎談 沖縄ホルモン迷走紀行 第1回






 

仲村清司・写真
仲村清司
(なかむら・きよし)
作家、沖縄大学客員教授。1958年、大阪市生まれのウチナーンチュ二世。1996年、那覇市に移住。肉より魚派だったが、ホルモン食に詳しい藤井誠二氏の影響を受け、肉の内臓派に転向。著書に『本音の沖縄問題』(講談社現代新書)、『本音で語る沖縄史』(新潮社)、『島猫と歩く那覇スージぐゎー』(双葉社)、『沖縄学』『ほんとうは怖い沖縄』(新潮文庫)、『沖縄うまいもん図鑑』(双葉文庫)、共著に『これが沖縄の生きる道』(亜紀書房)、『沖縄のハ・テ・ナ!?』(双葉文庫)など多数。現在、「沖縄の昭和食」の研究に没頭中。

『島猫と歩く那覇スージぐゎー』
島猫と歩く那覇スージぐゎー


『沖縄うまいもん図鑑』
沖縄うまいもん図鑑




藤井誠二・写真
藤井誠二
(ふじい・せいじ)
ノンフィクションライター。1965年、愛知県生まれ。7年ほど前から沖縄と東京の往復生活をおくっている。『人を殺してみたかった』、『体罰はなぜなくならないのか』、『アフター・ザ・クライム』など著書や対談本多数。「漫画アクション」に4年半にわたって連載したホルモン食べ歩きコラムは(双葉社)の2冊にまとめた。沖縄に関する作品は、沖縄の壊滅しつつある売買春街の戦後史と内実を描いたノンフィクション作品『沖縄アンダーグラウンド』(仮題)を近々刊行する。

『三ツ星人生ホルモン』
三ツ星人生ホルモン


『一生に一度は喰いたいホルモン』
一生に一度は喰いたいホルモン




普久原 朝充・写真
普久原 朝充
(ふくはら・ときみつ)
建築士。1979年、沖縄県那覇市生まれ。アトリエNOA、クロトンなどの県内の設計事務所を転々としつつ、設計・監理などの実務に従事している。街歩き、読書、写真などの趣味の延長で、戦後の沖縄の都市の変遷などを調べている。最近、仲村と藤井との付き合いの中でホルモンを食べはじめるようになったことから、沖縄の伝統的な豚食文化に疑問を持ち、あらためて沖縄の食文化を学び直している。










1064 - Something is wrong in your syntax : 'THEN f_number ELSE NULL END) AS prev, MIN(CASE when f_number > THEN f_numbe' 付近 : 2 行目

SELECT MAX(CASE when f_number < THEN f_number ELSE NULL END) AS prev, MIN(CASE when f_number > THEN f_number ELSE NULL END) AS next FROM item where f_status = '0' and f_catParent = '21' order by f_number;

[TEP STOP]