5月25日更新 第16号

俳句×ショートショート 五七五の小説工房

PAGE TOP

工房について

「俳句って難しそうだし、始めるきっかけがないんだよなぁ」

「小説は好きだけど、忙しくて読む時間が取れないんだよなぁ」

そんな方は多いと思います。

でも、

・ちょっとしたルールを守れば、季節の移ろいや自分の気持ちを、手軽に表現できる俳句

・忙しい日々の中でも、通勤通学や待ち時間に気軽に楽しめるショートショート

という二つを組み合わせれば、毎日がもっと楽しくなるのではないだろうかと、

「五七五の小説工房」が開かれました。

あなたの詠んだ一句が、

俳人の堀本裕樹さんとショートショート作家の田丸雅智さんという、

言葉の職人お二人の手によって、

新しい物語として生まれ変わるかも知れません。

言葉の持つ力で楽しく遊んでみるような感覚で、あなたも参加してみて下さい。

たくさんのご応募をお待ちしております。

「ダヴィンチニュース」に「五七五の小説工房」が紹介されました!


ピース又吉がきっかけ!? 俳句をSS作品として紡ぐ「五七五の小説工房」オープン!
堀本裕樹×田丸雅智対談【前編】


「五七五の小説工房」で俳句を公募!
俳人・堀本裕樹さんが選評後、田丸雅智さんがショートショート作品を紡ぐ【後編】

工房の職人

俳句の選句

俳人・堀本 裕樹(ほりもとゆうき)

1974年、和歌山県生まれ。國學院大学卒。

2011年に俳句総合誌「俳句界」が設立した第2回北斗賞を受賞。

2013年に句集『熊野曼陀羅』で第36回俳人協会新人賞を受賞。

2015年に『富士百句で俳句入門』で第11回日本詩歌句随筆評論大賞を受賞。

創作の傍ら、「いるか句会」「たんぽぽ句会」などの句会の主宰や、「NHK俳句」選者、池袋コミュニティカレッジ講師、実践女子学園生涯学習センター講師などを務めることで、老若男女幅広い層へ俳句の豊かさや楽しさを伝えることをテーマに活動中。

ピース・又吉直樹氏に俳句の魅力を教えたことでも知られ、現在も二人で「夜の秘密結社」というメールマガジンを発行している。

著書に『いるか句会へようこそ! 恋の句を捧げる杏の物語』『富士百句で俳句入門』、ピース・又吉直樹氏との共著に『芸人と俳人』、句集に『熊野曼陀羅』、最新刊に『ねこのほそみち 春夏秋冬にゃー』がある。

公式サイト 堀本裕樹Official Site(http://horimotoyuki.com/

ショートショート執筆

作家・田丸 雅智(たまるまさとも)

1987年、愛媛県生まれ。 東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。

2011年12月『物語のルミナリエ』(光文社文庫)に「桜」が掲載され作家デビュー。

2012年3月には、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。

「ショートショート大賞」(キノブックス主催)の審査員長を務める。

著書に『夢巻』『海色の壜』『家族スクランブル』『ショートショート・マルシェ』『日替わりオフィス』『たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座』『ショートショート診療所』などがある。

新世代ショートショートの旗手として精力的に活動している。

公式サイト 海のかけら(http://masatomotamaru.com/